岸壁背面の軽量盛土はスーパーソル

投稿者:

かれこれ8年ほど前・・・。

名護漁港で岸壁工事の計画がありました

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

当初の計画ではこの写真で見えている掘り下げられた場

所には太平洋カルストーンという太平洋セメントさんが自

然石を発泡させて製造した材料が使用される予定でした

この太平洋カルストーンは通常の砕石などとは異なり、

ギリギリ水に沈むぐらいの重さで強度も確保出来る事から

岸壁工事では圧倒的に使用されてきた資材です

もちろん良い資材なので全国的に使用されてきたのです

2016県産品表紙A3-2

今月に入り何度も紹介している様に7月は沖縄の県産品

奨励月間ですが・・・今月は兎に角集中的に奨励運動を

展開しているだけであって普段から県産品愛用を心掛け

るという事が重要です。

土木資料2

その考えは常に沖縄のコンサルタント会社の皆様や沖縄

県を中心に各市町村のご担当者も心掛けてくださり・・・

カルストーンは海を渡り運ばれてくる材料なので資材+

運賃がかかるという事もあってカルストーンに代わる材料

は無いかと私たちトリムに声をかけて頂きました

土木資料4

そのご担当者はスーパーソルが製造方法によって比重な

どをコントロールする事が出来る事をご存知でした。

で、挑戦したところ・・・ほぼ同じような比重・強度の製品が

完成して採用される事になったのです

あれから8年間に上の写真にある伊江港岸壁や・・・。

土木用途5

泡瀬漁港岸壁・・・。

土木用途6

平敷屋漁港岸壁・・・。

阿嘉漁港岸壁などなど計11箇所で使用実績を積んでき

ました。

当初はここまで広がるとは思ってもおりませんでしたが、

やはり同等品もしくは同等品以上であれば沖縄で製造さ

れたものを使いたいというコンサルタント会社様や発注者

の皆様の想いが表れたのだと思います

まだまだやり変えが必要な岸壁は御座います。その際に

はどうか県産リサイクル品のスーパーソルをご用命頂け

れば幸いです

スーパーソルL4タイプ

単位体積重量11kn/㎥ 内部摩擦角42°以上

 

 

 

 

 

 

0