ろ過材としての可能性『スーパーソル』

投稿者:

スーパーソルの大きな特徴の一つ多孔質構造は濾過材

として有効と考えられ、市販の濾過材の多くは多孔質で

ある。

%e5%be%8b%e4%b8%b8%ef%bd%8c%ef%bc%92%e3%80%80%e3%82%8d%e9%81%8e

そんな濾過材としての可能性を模索する中で伊勢海老

で有名な三重県で販売を営む業者から伊勢海老を海で

獲り、生きたまま客先へ発送するまでの間、一時的に入

れておく為の保管水層で海水のろ過材として検討し、実

際に使用したところ、これまで使用してきた市販の高価

(100万円/立米)な濾過材と比較しても従来品は1ヵ

月~2ヶ月では水槽内の海水を入れ替えを行わなけれ

ばならなかったのに対し、スーパーソルは6ヵ月以上水

替えをしなくても良好な水質を保ち、また以前は約40L

の海水に対して海老を1Kgの割合で蓄養していたがス

ーパーソルに変えた事で15L~20Lの海水で海老を同

じ1Kg蓄養できるなど従来品の倍以上の効果を感じて

いると好評である。

0