トリムの未来

投稿者:

スーパーソルの歴史パートⅠ 9/27

スーパーソルの歴史パートⅡ 9/28

スーパーソルの特徴      9/29

スーパーソルの土木用途    9/30

沖縄の人工軽量土壌    10/1

スーパーソル雨水貯留システム10/4

ろ過材としての可能性       10/5

スーパーソルと農業     10/6

とブログ記事でお届けしてきましたが本日フィナーレです

%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b9%e7%93%b6

自社で経営する飲食店から廃棄されるガラスびんの行方

に興味を持ったところからスーパーソル製造プラントの開

発に至り、スーパーソルが持っている様々な特徴を活かし

た用途開発を進めていく中で実績を重ねてきた。

その可能性と共にメイドイン沖縄のプラントは今や日本全

国15拠点、海外1拠点(台湾)へと拡大した

スーパーソルの需要は年々高まり、ひとつの工場では製

造が間に合わないような大型の土木案件も発生する中で

高水準の品質のスーパーソルを安定的に出荷できる協力

体制の構築と広報活動の強化、価格の安定化に向けて

本年(2016年7月)には沖縄を拠点とする全国組織の『ガ

ラス発泡資材事業協同組合』を設立。

%e6%96%b0%e5%b7%a5%e5%a0%b4%e5%a4%96%e8%a6%b3%e3%80%802015-11-29

次なるステージへ舵を切った。私たちトリムはこれからも

スーパーソル製造技術で沖縄から全国、そして世界へ

向け地域融合型リサイクルシステムの構築に邁進する。

0