廃ガラス 新年へ生まれ変わる

投稿者:

 

愛知県岡崎市高隆寺町の市リサイクルプラザにあるガラス工房「葵」で、廃ガラス瓶を材料にしたえとの置物づくりが最盛期を迎えている。

 

洗浄、破砕し、1,400度の炉でドロドロに溶かしたガラスの塊を棒の先につけ、女性職員がアメ細工の要領で手際よく成形。

トサカや翼を取り付け、着色すると、ニワトリが姿を現した。

白や黄色、オレンジ色など色違いで7種類。

すべて手作りだけに、一つひとつ表情が異なるのが持ち味だ。

 

同工房では13年前から、リサイクルガラスを使い、えとの置物を作っている。

スタッフ3人が相談してデザインを決め、1日に20個ほどのペースで制作している。

年内に1,000個を目標に作業が続く。

置物は1体1,640円(税込み)。

同工房や道の駅藤川宿などで販売している。

 

 

 

読売新聞より

0