ある鉄道会社の話

投稿者:

あるアメリカの鉄道会社の社長が線路の修理現場を

視察していると、一人の作業員が親しげに話しかけ

てきました

『久しぶりだね!君もずいぶん出世したものだね

君が社長になったと聞いた時には本当に驚いたよ』

見ると、その作業員は約10年前に社長と一緒に

作業員として働いていた友人でした

そして、その友人は続けてこう言いました。

『10年前は一緒に50ドルの日給をもらう為に

働いていたのにねえ 君もかわったね!』

社長はこう答えました。

『そうだったのか。 君は50ドルもらうために

働いていたのか・・・私は10年前も今もこの

鉄道会社の為に、そして世の中の人たちに快適な

旅をしてもらうために働いているんだ』

10年の月日で2人の間にはこんなにも大きな差

が生まれたんですねぇ~

この2つの違いは『もらっている』か『与えてい

る』かの違いなんですよねぇ~。

前者は50ドルを『もらって』いて、後者は会社

や世の中の人に何かを『与えよう』としているの

がよく見てとれます

与えれば与えた分だけ自分に返ってくるんですよ

ね~

同じ仕事をするにもどんな心がけなのか?何の為

にやっているのか?という目的意識でえらい違い

です。

 

 

 

0