ダム工事に水平展開する新技術

投稿者:

 

清水建設はダム工事で、生産性向上につながる実用化した新しい機具や技術を他のダム工事に水平展開する。

 

工事中の平瀬ダム(山口県岩国市)で初めて導入した、コンクリート打設に関連する機具や技術が対象。

清水建設が施工する八ッ場ダム(群馬県長野原町)や簗川ダム(盛岡市)などに、2017年度中にも導入する。

 

新技術の水平展開により、ダム工事における省人化や作業時間の短縮を目指す。

 

 

 

清水建設は平瀬ダムに、生産性向上につながる新しい機具や技術を導入した。

その一つがコンクリートを運ぶ軽量バケット。

高強度高摩耗鋼板を採用して部材を薄肉化し、2.75トンのバケットの重さを2トンに軽量化。

1回当たりに運べる量が増え、打設能力は10%以上向上した。

5月に八ッ場ダムに投入する。

 

コンクリートの締固めでは、バイブレーター装備の重機に、3次元(3D)スキャナーと油量センサーを組み合わせ、締固めの完了を判定するシステムを導入。

オペレーターの熟練度に左右される締固めの違いを定量的に把握でき、作業効率化と品質向上を実現した。今夏に簗川ダムで、今冬に八ッ場ダムで活用する。

 

このほか、平瀬ダムでは重機に装備し、ダム本体のコンクリートが接する岩盤面を清掃するブラシを活用。

従来人手をかけていた岩盤の清掃作業を約10分の1の人員で可能にした。

適用可能なダム工事があれば展開する。

 

清水建設はダム工事で使える新しい機具や技術の水平展開により、省人化や作業効率化を進めたい考え。

建設業は将来の人手不足が懸念されており、生産性をより高める必要性がある。

 

 

 

ニュースイッチより

0