天皇洲

投稿者:

今日は土佐通信さんのブログ 『どこ行くが?』に掲載されて

いた内容が面白かったので紹介したいと思います

 

         『天皇洲』

高知県の宇佐はあさりの潮干狩りが有名でした

毎年ゴールデンウィークの頃には県内外から潮干狩りを楽

しみに沢山の方々が天皇洲にきてくれてました

天皇洲は1950年海洋生物学者である昭和天皇が、研究の

ため洲に上がり生物観察され、生物豊かな海に感激された

といわれていて、それからそこの洲を天皇洲とよぶようにな

りました。

しかし数年前からアサリが激減し、今では天皇洲は保護区

域になっております。

県、市、地区が色々な原因を調べた結果、エイやフグなど

魚に食べられてるのではないか、という事になったそうです

そこで試験的に網をかぶせてみて魚が食べれない様にし

てみると、網の下にはアサリが生息する様になったようです。

img_2738_convert_20160917093549s

昨日は、県、市、地区の協議会の方たちの調査日でした。

img_2744_convert_20160917093716s

エイがエサを食べる為に掘ったあと

img_2748_convert_20160917093937s

場所を変えて、波に流されないよう杭を打ち何か所も網をか

けてます。調査するたび、かきや砂がついた網をのけるのは

とても大変そうでした。

調査が終わるとまた杭をうち網をかぶせます。

なかなかの重労働です

img_2735_convert_20160917093333s

今までの調査に同行していた社長は、大変さをしっているの

で網の代わりにスーパーソルが使えないか考えていました

そこで、スーパーソルを板状にし網の代わりにならないか実

験することにしました

網がやぶけるとか、カキがついて危ないとかの心配もなくなり

ます。

今回は小さめの板ですがこれでアサリが生息していれば大き

な板状のスーパーソルを作って綱の代わりに載せると調査が

ずいぶん楽になります

img_2758_convert_20160917094041s

どうなっているかは来月の調査の時までのお楽しみです

流されていたら実験失敗ですが・・・

こうしてアサリをどんどん養殖してアサリが沢山生息できる

様になれば天皇洲の潮干狩りも復活する事ができます

またあのにぎやかだった宇佐の潮干狩りの光景を見たい

ものです

 

完コピしてみました アドレス貼りつけて見てください

でも済むとは思いますが、それだと見ない人もいると思

ましたのでお許しください。

それにしても『土佐通信どこ行くが?』は誰が書きゆうが?

100%言えるのはH社長ではない事。

H社長にこの文章はかけんろう(笑)

 

来月楽しみにしてます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0