休耕田からスキンケア商品?

投稿者:

 

基山町宮浦の農業、吉田猛さん(62)が自宅近くの休耕田でオーストラリア原産の大型鳥、エミュー4羽を飼い、近所の話題となっている。

 

肉や脂肪から加工品作りを計画する福岡県筑紫野市の節電器レンタル業「日本エコシステム」(藤沢博基社長)から委託され、昨年11月に始めた。

 

丈夫なため休耕田などで放し飼いもできることから、新たな地域活性化策として注目される。

 

 

 

エミューは、ダチョウに次いで世界で2番目に背の高い鳥。

成鳥は体高170センチほどに成長する。

オーストラリアでは古くから脂肪から薬を作ったり、肉を食料にしたりしているという。

 

日本でも1999年に、畜産化の試みがスタート。

東京農大が北海道で飼育や商品化を研究し、販売などを手掛ける会社を起こした。

「人間の皮膚に含まれる成分に近く、肌に浸透しやすい」と脂肪からスキンケア化粧品を作り、卵を使った菓子も販売する。

この活動を知った藤沢社長が昨年1月、商品化に向けて九州で初めてエミューの飼育を始めた。

 

藤沢社長は、休耕田などを使えば土地が有効に活用できる点に着目。

土地の所有者らに委託料を払い、育ててもらう仕組みを導入し、すでに基山町や福岡市早良区など福岡、佐賀両県の牧場4カ所で約40羽を飼育する。

 

吉田さんがエミューを飼い始めたのは、日本エコシステムが基山町に飼育者の仲介を頼んだのがきっかけ。

2012年まで米を作っていた水田約300平方メートルが空いていた。

「休耕田は中山間地にあり、農業では成り立たない。新しいことをしたかった。おとなしくて飼いやすい」と目を細める。

 

同社はエミューの数を増やす方針で、新たな飼育者を募っている。

 

 

 

西日本新聞より

0

ワイン瓶の再使用

投稿者:

 

関東甲信越びんリユース推進協議会は環境省の採択を受け、日本ワイナリー協会などとともにワイン瓶のリユース(再使用)モデル実証事業を県内で開始した。

 

飲み終えたワインの瓶はそのまま再使用されることなく、再資源化される。

 

同協議会では「何度でも再使用する新たな循環型の経済システムに移行しなければならない時期にある」として、実証事業を通じ“瓶は公共の器”との認識をワイナリーや消費者の間に広げ、ワイン瓶の規格統一を目指す。

 

 

 

同協議会の宮永真彦事務局長らの説明では、国内を代表するワイン産地の県内では毎年相当数のワインが製造される。

しかし、規格統一されたリユース瓶はなく、これまで一部を除いてはリサイクルに回る“壊しては作り直すシステム”が維持されてきた。

ワイナリー間で共通使用できる規格統一瓶が普及することによって、リサイクルの手間が省け、ワイナリーの瓶代負担が減り、消費者に価格で還元できるとしている。

 

実証事業ではワイナリーの丸藤葡萄(ぶどう)酒(甲州市)が製造したリユース瓶を使ったワイン「ルバイヤート」をスーパーマーケットを展開するやまと(韮崎市)が県内6店舗で販売し、購入した消費者は飲み終えたワインの空瓶を店頭に返却する。

その際に消費者に瓶代金として5円を返す。

事業を通じて、回収したリユース瓶を回収業者が収集、洗浄し、ワイナリーで再び使用する循環システムを確認する。

また販売本数、回収本数、再使用本数などの実績を把握し、スーパーでは消費者にアンケートも実施していく。

リユース瓶によるモデル実証事業は来年1月中旬まで続ける。結果を基に協力団体の日本ワイナリー協会、山 梨県ワイン酒造組合と規格統一瓶の普及方策の検討に入る。

 

 

 

産経新聞より

0