港湾構造物に破砕瓦適用へ

投稿者:

 

国土交通省中部地方整備局は、破砕瓦の港湾構造物への利活用検討を進めており、このたび利活用技術資料を作成し、ホームページ上で公開した。

 

軽量で排水性が高いという、破砕瓦特有の材料特性を生かした路盤材・透水材・舗装材といった陸上工事での用途がある一方で、港湾工事での利用が進んでいない現状から、同局は利活用用途の拡大を図るため資料の取りまとめを行った。

 

 

 

海上施工で想定される適用用途は、▽裏込材▽裏埋材▽埋立材。

破砕瓦の材料特性を整理した結果、一般的な材料よりも軽量で、内部摩擦角が大きいため土圧低減材料として有効とした。

 

一方で、水中投入時のゆるく堆積した状態を想定した場合、材料の分離や濁り、体積収縮による沈下が生じる。

こうした課題の対応策として、水洗いや粒度調整による細粒分の除去、サンドコンパクションパイル工法等で締め固める必要があるとした。

安全性については、有害物質の溶出や環境汚染は起きないとしている。

 

もっとも適用性が高かったのは、矢板式岸壁の改良工事で、土留矢板背後の気中部の裏埋材として適用した結果、作用土圧の低減効果を得られた。

従来施工と比べ、全体に必要な鋼材量を数%低減できる見込み。

また、気中部での適用の場合、濁りや分級対策を行う必要がないため、標準材料より安価で集められるメリットがある。

 

同資料は、愛知県で生産される三州瓦の規格外品を破砕したものを対象としているが、他産地の破砕瓦を使用する場合にも適用できる。

また、破砕後の粒径は0~20ミリメートルに限定される。

 

中部地方整備局は、「海上工事を想定した用途については、いくつかの留意事項をクリアすれば適用できる。陸上施工については、水中投入時の懸念事項がなく、海上施工より適用性が高いといえる」とした。

 

 

 

循環経済新聞より

0

「土木好き女子」

投稿者:

 

土木関連グッズを買い集めたり、各地の施設を巡ったりする「土木好き女子」が増殖中だ。

 

ジュンク堂書店池袋本店(東京・豊島)には消波ブロックをぬいぐるみにした「テトぐるみ」やダムの絵柄のTシャツなどを並べる売り場がある。

 

導入した4年前は小さなコーナーだったが、売り上げ好調で現在は棚6本分の広さに。

「マニアの男性に交じり、20~30代の女性がかわいいと買っていく」という。

 

 

 

グッズをつくるのは都内の会社員、マニアパレルさん。

「見られることを意識しない、機能一辺倒の美しさに引かれた」

 

棚にはダム部に所属する女子高生が主人公の「ダムマンガ」(少年画報社)も並ぶ。

作者の井上よしひささんは、2007年から国土交通省かが音頭をとって発行する「ダムカード」を知ってダム好きに。

「干害や洪水対策、給水、発電と人知れず社会の役に立っている姿を褒めてやりたくなった」と話す。

 

全国に約1万2,000種ものデザインがある下水道のマンホールも人気だ。

下水道関連企業などで作る下水道広報プラットホーム(東京・千代田)は4月と8月に「マンホールカード」を発行した。

カードは現在全国64都市の74種類。

ご当地カードを市役所などで無料配布している。

 

企画運営委員の山田秀人さんは「マンホールは世界に誇る文化財」と熱い。

カード目当てに人が地方に動くきっかけになればと期待する。

実際、旅先のマンホールを撮影してSNS(交流サイト)にアップする「マンホール女子」も増加中だ。

 

国が土木系のイメージアップに乗り出し、観光名所に飽き足らず街歩きや旅行の新たな魅力を探していた女性たちが注目した。

さらに、自然災害のニュースなどを通し、日々の生活を支える「土木」を知る機会が増加。

自分たちの暮らしの成り立ちをいま一度振り返ってみようという機運もあるようだ。

【佐藤敏郎】

 

 

 

日本経済新聞(夕刊)より

0

「インフラツーリズム」

投稿者:

 

インフラツーリズムが大にぎわいだ。

 

インフラとはインフラストラクチャーの略で、社会基盤構造物という意味。

 

具体的には道路や通信、公共施設など、生活や産業の基盤となる構造物を指す。

 

 

 

そして、今、これらを見学するツアー『インフラツーリズム』に人々が押し寄せている。

全国の構造物がどのように造られ、私たちの生活にどうかかわっているのか、その裏側まで見られるのが魅力なのだ。

 

黒部ダムなど、すでに観光地として人気のインフラもあるが、これまであまり訪れる人がいなかった放水路や橋、工事現場などが、今、注目の的となっている。

その人気にひと役買っているのが、国土交通省総合政策局が運営している、インフラツアー専用ホームページ『インフラツーリズムポータルサイト』だ。

 

これには、全国の多岐にわたるインフラが載っていて、検索がしやすくなったことで訪れる人が急増した。

同局の事業総括調整官・佐藤寿延さんはこう語る。

「以前から、現場見学会は行っていましたが、“インフラツーリズム”と呼ぶようになったのは2013年からです。インフラの建設中は多くの工事関係者が訪れるため、地域経済が活性化するのですが、工事が終わってしまうと寂しくなってしまう。そこで、橋やダムといったインフラを観光資源として活用する取り組みを推進するため、全国で実施しているインフラツアーを紹介するサイトを開設したのです」

 

現在、国土交通省が管理しているツアーは全国で約270か所。

民間が実施しているものもあり、未掲載のものを含めると1,000件以上に及ぶ。

料金は、一部有料のものもあるが、ほとんどが無料で施設内や構造部を見学することが可能だ。

「インフラツアーの魅力はなんといっても非日常感。実際に足を運ぶことで、そのスケールが体感できます。それに、私たちの暮らしや安全を支えるダムやトンネルが、どのように造られ、どんな働きをしているか、その裏側に触れることもできるんです。

 

また、施設の近くには資料館もあり、昔、どのような目的で造られたか、そこに費やされた年月や技術などを知ることで、

“これほどの歳月をかけて、造ったのか”

“こんな新技術を開発し、こんな短期間で造ったのか”

などと、ロマンを感じる人も多いんです」(佐藤さん)

 

インフラは大自然の中に存在することも多く、避暑にもおすすめ。

 

 

NEWS ポストセブンより

0

廃「石州瓦」活用し橋建設

投稿者:

 

島根県の地場産品「石州瓦」の廃材を活用したコンクリートを使った橋梁(きょうりょう)の建設を、国土交通省浜田河川国道事務所が同県浜田市で進めている。

 

安全性が求められる橋梁の建設材料に瓦材を使用するのは、日本初の試み。

 

瓦をコンクリート材料に混ぜると強度が増すなどのメリットがある上、廃材のリサイクルにもつながるとして、「一石二鳥」の効果が期待される。

 

 

 

この橋梁は、山陰道「浜田・三隅道路」の敷設に伴い、分断される私有地をつなぐため山陰道上をまたぐ跨道橋(こどうきょう)(長さ40.8メートル)。

広島大の佐藤良一名誉教授(コンクリート工学)と平成23年度から共同研究を進め、研究成果を基に今回初めて橋梁の主桁部分に、瓦材を含むコンクリートを使用している。

 

コンクリートは、セメントと砕石、砂、水などを混ぜて作られる。

共同研究では、このうち砂の一部を、砂状に粉砕した廃瓦に置き換えた。瓦材は砂より吸水性が高いため、コンクリートの強度が増すとともに、コンクリートのひび割れを抑える効果が確認された。

 

同事務所は、この跨道橋建設に際し、使用する砂のうち12%を瓦材に置き換えて施工。

今年度末の完成を予定しており、「瓦材を混ぜることで強度が1割程度増す」と見込む。

松本治男所長は「地場産業への貢献、構造物の寿命延長が期待できる取り組み。この橋で効果を検証したい」と話している。

 

石州瓦工業組合によると、石州瓦は高温で焼成するため、他産地より規格外品の出る比率が高く、産地全体で年間約1万トンにのぼる。

粉砕した廃瓦は、園芸資材や路盤材料などに活用されており、「橋梁への利用が進めば、選択肢がさらに広がる」と期待する。

 

 

 

産経新聞より

0