廃ガラスを粉砕、焼成発泡させることで生まれ た人工の多孔質軽量発泡資材(かるいし)スーパーソルは、地球にやさしい土壌還元型資材であり、透水性・保水性に優れ、耐火性を兼ね備えております。

また製造工程において、用途に合わせ比重・吸水率を自由にコントロールことにより緑化・断熱・園芸・水質浄化・建築・土木など、多くの用途で活用でき、資源循環型社会構築において必要不可欠な高い付加価値をもつ商品です。

スーパーソルの特徴

 

スーパーソルの特性

土壌還元

地球にやさしい土から土への完全リサイクル型。改修工事等が発生した場合、スーパーソルは残土処理と同等の扱いとなります。

透水性と保水性

締固め時でも水はけ抜群。透水性、保水性、通気性に優れ、草木などの生長を促進させます。

燃えない

ガラスが原料なので、無機鉱物性で耐火性です。薬品にも強いという特徴があります。


 

施工性(自由度が高い)

施工現場での自由度が高く、どんな歪曲な地形や埋設管があっても工事が可能です。軽量なので扱い易く、多少の降雨でも作業OK!

  • 非常に軽量である(3~4kN/m3)
  • 盛土材として取扱いやすく,通常の土工手順で施工できる。
  • 養生期間は必要ない。
  • ガラスびんのリサイクル材であり,有害物質の溶出もないので周辺環境に対する安全性が高い。
  • 鉱物性無機質であることから,化学的に安定しており,腐食がない。

軽量(比重のコントロールが出来る)

スーパーソルは用途に応じた比重のコントロールができます。
添加材の配合、焼成条件を変えることにより、品質の異なる様々な製品に作り分けることが可能です。

規格 絶乾比重 吸水率 特長 用途
L1 0.3〜0.6 30%以上 保水性が高い
連続気泡型の超軽量資材
緑化:排水基板材・人工軽量土壌・土壌改良材
園芸:土の改良材・鉢底石
農業:土壌改良材・暗渠排水資材
L2 0.4〜0.5 30%以下 強度を兼ね備えた
独立気泡型の超軽量資材
土木:軽量盛土資材・擁壁裏込め・軽量混合土
   橋台背面盛土・高速道路段差修正資材
畜産:水質浄化資材
L3 0.5〜1.0 10%以下 ほとんど閉気孔の軽量資材 園芸:ハイドロカルチャー資材
ペット:ペット資材
L4 1.0〜1.6 5%以下 水にぎりぎり沈む
独立気泡型の資材
土木:耐震岸壁背面の裏込め資材
   HWレベル以下の軽量盛土資材   
畜産:水質浄化資材・養殖池ろ材

 

開発の経緯

「スーパーソル」製造技術は、(財)クリーン・ジャパン・センター(CJC)が、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から受託する「リサイクル技術等実用化支援研究(I)のうち、ガラスびんカレット利用拡大に関する実証試験(廃ガラスびん他用途技術に関する研究開発・実証試験)」に実施に関し、1997年2月に平成8年度通産省(当時)補正予算交付対象事業として、有限会社岸本国際技術研究所がCJCと「研究開発事業協力契約」を締結して開発されました。

その後、研究成果を基に株式会社トリムが製造装置を開発し、実用化に至りました。現在全国にプラントを導入し、リサイクルによる「地域活性」を展開中です。

 

成分表・データ

  • 成分表
    成分 含有量
    SiO2 二酸化ケイ素 73.5%
    CaO 酸化カルシウム 12.1%
    Na2O 酸化ナトリウム 10.5%
    Al2O3 酸化アルミニウム 1.57%
    K2O 酸化カリウム 0.98%
    MgO 酸化マグネシウム 0.42%
  • 材料特徴
    単体 比重(乾燥状態) 0.4〜0.5
    粒径範囲 2〜75mm
    含水比 0%
    一軸圧縮強さ 30〜40kgtflcm²
    有害物質 なし
    締固め時 密度 0.3〜0.4t/m²
    三軸圧縮強さ φ=30°以上
    CBR値 17.70%
    透水係数 3×10-2〜1×10°cm/s

    土木系材料技術・技術審査証明 報告書

  • 設計定数
    乾燥密度
    (t/m³)
    設計定数 敷均し厚30cmの転圧回数(回/層)
    湿潤密度
    (t/m³)
    粘着力
    (kN/m²)
    内部摩擦角
    (度)
    許容指示力度
    (kN/m²)
    10t級湿地ブル 1t級振動ローラー
    0.25 0.4 0 25 39 0 0
    0.3 0.45 30 98 2 4
    0.35 0.55 137 4 8
    0.4 0.6 176 8

    資料:土木系材料技術・技術審査証明 報告書

  • 軽量盛土材の種類
    分類 軽量盛土材 湿潤密度
    (t/m³)
    特徴
    軽量材を用いる方法 人口素材 EPS 0.01〜0.03 超軽量,自立性
    発泡ウレタン 0.03程度 超軽量,流動性
    発生材 水砕スラグ 1.2〜1.35 製鉄所副産物
    石炭灰 1.1〜1.5 火力発電所副産物
    スーパーソル 0.4〜0.6 ガラスびんから製造
    火山灰土 1.2〜1.4 安価
    土の軽量化による方法 気泡混合軽量土 FCB等 0.5〜1.2 流動性,密度調整可
    発泡ビーズ混合軽量土 SLS等 0.9〜1.3 密度調整可,土に近い特性
  • 軽量盛土材の湿潤密度

    軽量盛土材の湿潤密度