ハチドリの一滴(ひとしずく)

投稿者:

昨日のブログでは6月5日は環境の日ということを

ご紹介させて頂きました

その環境問題を語る時 あまりにも有名な『ハチド

リの一滴』という物語を御存じでしょうか?

大きな森が火事で炎に包まれていました

多くの動物たちが逃げる中で 一羽のハチドリ

(クリキンディー)は口ばしで水を含んでは火の上

に落とし・・・水を汲んでは落とし行ったり来たり

を繰り返していました

それを見た森の動物たちは『そんな事をしていったい

何になるんだ』と笑います。

クリキンディーはこう答えるのです『私は私に出来る

事をしているだけだ』と・・・。

【偉業を成すもの小さな一歩から】という言葉もある

ように何も動かなけば何もうまれません。

自分に出来る一歩を踏み出すものにしか偉業を成し遂

げるチャンスがないのです

短い物語の中に深い意味が込められていますね~

あらためて環境問題 一人一人の意識がとても大切で

す。自分たちの子や孫に豊かで美しい自然を残せるよ

うに今私達がやらなければならない事は沢山ありそう

です

 

0