スーパーソルの歴史パートⅠ

投稿者:

ある雑誌に掲載する内容です。

まだ雑誌にものってないので何の雑誌かは伏せつ

つ、これを読んでもらうとトリムの歴史がわかるので

是非とも読んで頂ければと思います

全国的にもリサイクルが困難とされているガラス瓶

特に色付きのガラスびんに至っては有効なリサイク

ル方法が無い状況であった

ガラス瓶のリサイクルが難しいとされる理由の一つ

は白・茶・その他の色と瓶を色分けをしなければなら

ない事(色分けには1tあたり7,000~8,000円の手

間がかかる)と、またガラスは鉄よりもモース硬度が

高く、砕くだけでも大きなコストがかかる事がその由

縁である

株式会社トリム(以下トリム)では自社で飲食店舗を

経営していることもあり、そこから排出される廃棄

物(特にガラス瓶)注目した

ちょうどその頃、容器包装リサイクル法の施行(199

5年)も予定されていたことから沖縄の美しく豊かな自

然環境にただ埋め立て処理されているガラス瓶をど

うにか出来ないか?

事業として取り組むことは出来ないか?という想いか

らガラスリサイクル検討委員会を設置、本格的にガラ

スリサイクルへの挑戦をスタートさせた。

%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b9%e7%93%b6

1996年 通産省の技術改善費等補助事業 を受け

『カレット製造機』を開発(特許取得)し、これまでにな

い破砕方式によって効率よく、且つ耐摩耗性に優れた

仕組みを確立、ガラス粒(カレット)を製造してインター

ロッキングブロックやアスファルトの混ぜ物として販売

を開始した。 ところが競合製品が多いことや混ぜ物

としてガラスをガラス粒のまま使用しても経年変化に

よって、剥がれ落ち再び“ごみ”になってしまうなど大き

な壁にぶつかることとなった。

明日へつづく・・・。

0