スーパーソル雨水貯留システム

投稿者:

10月1日のブログ【沖縄の人工軽量土壌】でご紹介した

様に屋上緑化や壁面緑化などが盛んに行われる中でほ

殆ど考えられていないのが灌水の問題で植物に必要な

水を全て水道水で賄うというのも経済的に大きな負担が

生じる。

そこで天から降り注ぐ恵みの雨を有効に活用する為に

考案されたのがスーパーソル雨水貯留システムである。

スーパーソルの特徴・・多孔質の効果と素材そのものが

アルカリ性であることなど様々な効果が作用してスーパ

ーソルの空隙間に雨水を溜める事で雨水を劣化さる事

なくキープできる簡易型(掘削→遮水シート敷設→スー

パーソル充填→透水シート敷設→覆土)の雨水貯留シ

ステムとして多くの関心と注目を浴びています。

更には他社の貯留システムとは異なり、動力を必要と

せず手押しポンプで簡単に雨水を汲みだせる仕組みで

ランニングコストもかからない

%ef%bc%96%e8%8a%9d%e8%b2%bc%e3%82%8a

このシステムを特に学校等の公共施設に推奨している理

由は災害発生時に施設が避難場所に指定される点である。

災害が発生すると救援物資として大量に送られてくる飲料

水(ペットボトル)の一方で簡単な手洗いや洗濯、トイレ等

に使用する生活排水が不足していると言われている。

普段は花壇などの水遣りで使用し、災害の発生によって

電気やガス、水道などのライフラインが機能しない状態で

も活用できるこの雨水貯留システムは正に命綱になりうる

備えとして普及拡大を図りたい

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%a0

2015年3月6日に発生したサイクロン・パム(Cyclone 

Pam)は勢力を強め南大洋州の島国バヌアツ共和国を

直撃した。その中心気圧は896hpaでバヌアツ共和国の

首都ポートビラで最大瞬間風速85メートルを記録し甚大

な被害を受けた事で世界的NEWSでクローズアップされ

たが、実はこれに遡る事2年前にバヌアツ共和国でスー

パーソル該貯留システムを設置しており水の供給がまま

ならない中で活用され多くの住民から感謝の声が上がっ

0